相談支援事業所とは

どんな人でも、心から望む生活を手に入れるためにはいろいろな課題が発生します。そのような課題と向き合うために重要になるのがサービス等利用計画の作成とその定期的な見直しです。
サービス等利用計画とは、本人やその家族が理想とする生活イメージを基に、福祉や医療のサービスをコーディネートする企画書のようなものです。そして、相談支援とは、利用計画についての相談や計画作成の支援が必要な場合に、ケアマネジメントによってきめ細かくお手伝いするものです。障がいがある人の自立した生活を支え、課題の解決や適切なサービス利用に向けて、計画の作成と見直しを行います。

 

(厚生労働省サイトより一部抜粋)

相談支援とは?
■障害福祉サービス等の利用計画の作成(計画相談支援・障害児相談支援)

障がい者(児)の自立した生活を支え、障がい者(児)の抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、ケアマネジメントによりきめ細かく支援するものです。

■地域生活への移行に向けた支援(地域移行支援・地域定着支援)

地域移行支援は、入所施設や精神科病院等からの退所・退院にあたって支援を要する者に対し、入所施設や精神科病院等における地域移行の取組と連携しつつ、地域移行に向けた支援を行うものです。
地域定着支援は、入所施設や精神科病院から退所・退院した者、家族との同居から一人暮らしに移行した者、地域生活が不安定な者等に対し、地域生活を継続していくための支援を行うものです。

■一般的な相談

障がいのある人の福祉に関する様々な問題について、障がいのある人等からの相談に応じ、必要な情報の提供、障害福祉サービスの利用支援等を行うほか、権利擁護のために必要な援助も行います。

利用対象者
■計画相談支援 障がい福祉サービスの支給申請または地域相談支援の給付申請を行った障がい者

■障害児相談支援 障がい福祉サービスの支給申請または地域相談支援の給付申請を行った障がい児の保護者

■地域移行支援  障がい者支援施設等に入所している障がい者

■地域定着支援  以下の者のうち、地域生活を継続していくための常時の連絡体制の確保による緊急時等の支援体制が必要と見込まれる者。
・居宅において単身で生活する障がい者
・居宅において同居している家族等が障がい、疾病等のため、緊急時等の支援が見込まれない状況にある障がい者

相談支援の流れ
■面談・アセスメント
まずは、丁寧にお話を聞かせていただきます。これまでのこと、今のこと、これからのこと・・・言いにくいことは無理にお話ししなくても大丈夫です。話せることから、少しずつ教えていただき、一緒にこれからのことを考えていきます。

■プランニング
お困りごとが解決するように、ご希望の生活に近づけるように、スモールステップの計画を一緒に考えます。

■ケース会議
より良いサービスが提供できるよう、関係機関ともしっかり連携をとっていきます。

■サービス利用開始

■モニタリング
定期的にお会いして、心身の状況・生活環境・サービスの利用状況等を確認します。サービスが合っているかどうか、不安や疑問を解消できるようにサポートしていきます。